自己責任論と選択肢の多様性の問題

村上春樹さんの 1Q84 のタマルのセリフに

「説明しなくては分からないということは、
説明しても分からないということだ。」
とある。そうやなぁと思う。 なので わからないでほしい。


これが書きたいことなのかどうかも定かではないし
書きたいことがかけるとも思えないが あえて。


自己責任論と選択肢の多様性の問題
社会責任論とそれにより広がる世界


自ら「選択」し、それを言質としてそれに縛られ「責任」を負うこと。


たとえばファミレスのメニューのように
たくさんのしかし「すでにある」限られた選択肢を提示され
その中から「選ぶ」ことによってさも「自分」で選んだように
思い込まされてしまうけれど


本当は「そこにない」ものは
「無限のひろがり」のごとく圧倒的に多いわけで 
その「選択」は止まらない思考を停止したいがゆえの「限定」でしかない。


それに人生を規定され「責任」をとらされてもどうなのか。


そもそも 自ら「選ぶことができる」ということそのものが
『幻想』というか「詭弁」の範疇にあるのかような
居心地の悪さを感じるときがある。


夢は叶う。思考は現実化する。
ということに含まれるある種の「ここち悪さ」のような。

「思考」(過去の概念の集積)で 「選ぶ」ことと
「直感」(意味や理由の外のもの)に「従う」こと 


 

一体、我々は なにに 「従って」いるのだろう。


それぞれがバラバラになんのつながりもなく
自己選択と自己責任の上に人生を送れるのだしたら
なにゆえこんなに さまざまな人生が絡み合い しかも
どんなドラマよりドラマチックな脚本が寸分の狂いなく展開されるのか


また本当にバラバラなのだとしたら
いったい誰がその自己の集まりである社会を創造できるものとして認識し
その限りない自由と責任を負うことができると信じることができるだろうか。


さかさまの見方をして

全体の大きなもの(すでに書かれた脚本としてもいい)に選ばれて(従って) 
僕らの道は規定されているとしたらどうだろう

それは集合意識と呼ばれるものかもしれないし
大いなるものと呼ばれるものかもしれない。

全体を規定するそのなにかによって 「我々=WE」は選ばれ
また今おかれている環境や状況も それによって選ばれ、
それ以外はありえないとしたら。

その視点に立つと いまあるところから なんとか逃れるために 
よりよい選択肢を発見しようとすることよりも
(成長という幻想は現状を肯定できないものの
体のいい逃げ口上のようにもおもえるので)

いま選ばれた(それ以外にない)この現状を
どうにかこうにか受け入れそこを基点として
次々に起こる出会いやうごめきを味わいながら進めるんじゃなかろうか。

ー選択肢を増やすために見聞を広め資格をとりまたありとあらゆる準備をすること 
ー増やした選択肢の中からもっともふさわしい選択を検討するために 
 何本もある分かれ道の前で立ちすくむこと

ーまたしてしまった選択のほうになんとか自分を合わせようとして苦しむこと

こんなことに いかに多くの時間と労力と心を砕いているだろうか。

「いま」に「従い」世界や社会をつくっているものとしての
 WE(もちろん自分を含む)を
認識した上で 浮かぶこと出会うことに 乗っかっていくことから
ひろがる ドキドキする世界は 自分の 躍る“心のサマ”によって
世界が変わっていくことを ありありと感じるための 扉であり鍵なのだ。

自らによって自らを規定することも変革することも叶わず
自分を選択することもできないことに 僕らは うすうす気づいている。


すべては すでに起こった未来(脚本) を たどる 
心躍る体験なんじゃないかと。

社会責任論というには ちょっと飛躍しすぎたが
社会を作っているのは 他でもない 私をふくめた WEで
よりおもろい社会をつくることができる存在として 自らを扱うこと 
それは 自分の周りに広がる社会(世界)に責任を感じる(もつ)ことであり


そこに立った上でしか最高潮に 
自らの 存在を そこに広がる世界の中でおもしろくしたり 


大好きなそして大切な人の瞳に映る世界を
素敵にすることはできないのだから。

とりとめのない 話になってしまったな。

自己に責任はなく また選択もなく
なにかに選ばれた 我々には 
ただ与えられた道 とそこにつながる関係に

どうしようもなく からめとられながら 
それを おもしろ おかしく 味わうために
この世に 活かされているのではないか。


まるで映画の キャストそのもののように。

この話は ときおり 降って沸いたようについついしはじめてしまうのだが
どこでしても ポカンとされるか 反発されるかで
それがゆえに なんとなく 
役者がそれを演じていることを悟られないように努めるように
みなどこかでそれをしっているのだろうとほくそ笑んだりするのだ。

少なくとも俺の時間は 未来からいまに流れこみ すでにされた選択に従って 
それをおもしろおかしく味わいつくしたく思っているのは確かなのだし。


成長と選択という 幻想に 脅迫的に絡めとられてしまう
イマドキの風潮に なんとなく アンチテーゼをしたい気分であるのだが


その 成長と選択 の 魅惑的な 魅力もわからんでもないし
ときにどっぷりそれにつっこむこともあるので
それを 否定しているわけではなく それ以外の世界の捉え方も
あるんちゃうかなーといってるだけなので あしからずーーー。

おもうところあれヴぁ コメントに。

いのち たたえて

どろのうみに のみこまれて
あんたのすがおが わからない

どろのみずを のみすぎて
あんたのこえが きこえない


ねぇ だれもいないせかいで
あたいと あんたが ふたりやったら

あんたは あたいの
こんな あたいの
こころを あけて ふかく いっしょに 
もぐってくれるかな


あんたに ふりかかる すべてに
なすすべも なく うちふるえるしかないあたいを

あんたは ゆるしてくれるかな

それとも つめたく やりすごすかな


いのち たたえて あんたの いのち
いままでのことは ぜんぶ わすれて

いのち たたえて あたいの いのち
おぼつかない あしどりで いいから てをのばして


いのちたたえて あんたの いのち
うちは となりで なくだけやけど

いのちたたえて あんたの いのち
あたいは あんたの いのちを いのる


だいてほしいのに だれもいないね

きいてほしいのに いいだせないね

ほめてほしいのに うけとれないね


だけど あんたは そこで いきてる
いのちは あんたを いかしてる

しってて そのまま いかしてる

ひとときも とまることなく あんたを みてる

あんたのきもちを うけとめている


いのち たたえて あんたの いのち
みらいの どこも ひからなくても

いのち たたえて あんたの いのち
いきるほのおが きえゆきそうでも

いのち たたえて あんたの いのち
たたえうる りゆうが みつからなくとも


あたい たたえる あんたの いのち
まんま たたえる あんたの いのち

うちは いのちを そのため つかう


そうよ たたえる あんたの いのち

いつか わらって あたいの いのち



すがおなんか みえなくても
ほんとのこえ なんか きこえなくても

すがおなんか みせなくても
ほんとのこと なんて はなせなくても


どろのなかで どろにまみれて
どろのなかで どろにまぎれて

いのちは
いのちは
いのちは
いのちは

いのち いのち いのち いのち
いのち いのち いのち いのち・・・・・・・・・。




うちは それで すこし ねむれる

いくえにも おりかさなる げきれつな いかり と おそれに

おしつぶされそうになりながら 

おのれの ちいささと ふかくにも とどまる うれいのなかで

うち は あんたを いま おおごえで よび そして まっすぐに うちぬきたい


いつも にげられることを おそれるがゆえに

にげて にげて にげまどって


いったい なにから にげてるのかも わからないぐらい

にげてきたくせに

また にげてしまう あんたのことを

 

うち に せんりにもとどく めがあったなら 

あんたの いのちを つきさして

せなかを つよく つよく だきつくしたいのだ


うち にできることなんて 

なんにもなかったかもしれないけど

あんたから けっして にげないことだけは 

だれにも まけないつもりだったのに

こんなにも あっさり いってしまうなんて


うちにだって こころは あるのよ

うちにだって きもちは あるのよ


いくえにも おりかさなった うらぎり と せつなさ の げきりゅうのなかで

うちは いま おもくのしかかる くろいかたまりのような それに 

おしつぶされそうになってるけれど


いまの あんたの こどくに くらべたら 

そんなものは きっとなんでもないとおもいあがったりもする


たすけてほしい そのひとことが いえない あんた

やさしくされたら むちゃくちゃにしてしまいたい そのしょうどうが おさえられない あんた


そのあんたを うちは まるごと のみこめるとおもってたなんて ほんと わらえる  わらえるよね


ほんのこれっぽちも あんたの こころに さわれなかったことが

なによりも くやしいさ くやしいさ ほんとに くやしいさ




いつか あんたに まちで ばったり あったとしたら

うちは いったい どんな かおをすればいいんだろう


そのとき あんたは うちに わらいかけたりするのかな

それとも かくれるように めをそらして きえさってしまうかな


うちの いのちと あんたの いのちが まぐわったとき

なにか すごい ひかりが はじけとぶような もうそうに こころおどらせていたけれど

そんなことは おこるはずもないよね おきるはずもないよね


だけど うちは これからも おもうことは やめないよ

こんなことで うちは やめないよ


あんたのことも やめないよ 

うちは いつまでも おもいつづけられる うちで いられるように

いきるから  

いきるから 

いきるから



あんたも きっと どこかで ずっと いきてね いきてね

ちゃんと じゃなくてもいいから そっと ずっと いきてね


あんたが あんたを みすてなければ それで うちは すこし ねむれる

あんたが あんたを みすてなければ それで うちは すこし ねむれる



それで うちは すこし ねむれる


いきが できるときを ゆめに

いきてく なみだのとばりのなかで

こころから わらうことよりも 
こころから なけることなんかを
こころの  どこかで しんしんと
もとめてる うちが いる

とほうもない みらいの ゆめを えがくことよりも

きょうの やつの おなかのいたみが そっときえることのほうが

うちにとっては たいせつやもん


ずいぶんまえに した やくそくを まもるために

めのまえの いまを しらんぷりして とおりすぎたり しなくちゃならないんだとしたら

うちには もう やくそくなんか いらない

うちは もう やくそくなんか みたくない



いつも かぜに くもは ながれ

やつも いつか ここを わすれ

だけど きっと どしゃぶりの あめのひに 

そっと ふっと おもいだす


いつも くもは そらを ながれ

やつも いつか うちを わすれ

だけど きっと どしゃぶりの あめのひに

そっと ぎゅっと おもいだす


あふれてやまない なみだ の おくの

ゆらゆら ゆらめく ほのかな たましい の まぐわい


いつも いつまでも あった それに

ぎゅっんと される ひ が くるのだ


それを

そのひを おもうことだけで

うちの なかの どしゃぶりは ほんのちょっと やむかもしれない

それだけで 

うちは それだけで 

きっと やっと ほっと いきが できる かもしれない

いまは もっと ずっと ぬれて ぬれたまんまで ええけど

いつか ほっと ふっと いきが ぬけたら ええのに、、、な。





ちるはなの いま

だれかの しあわせに
こころ  うばわれて

じぶんの あしもとが
なんだか おぼつかなくおもえたり

だれかの ふしあわせに
こころ  うばわれて

じぶんの いきがいを
みつけたように みまちごうたり

そうして ぼくは
ひと と じぶんを
はかりながら いきてるけれど

それは きっと ひとに ちかづきたいからだ

すこしでも ひと とよばれるものに
ちかづきたいからなのだ


 
だけど ひとは きっと ひとつ

ひとつなんだ


わかれることない であいに
おわることない はじまりに 
あこがれながら しっている

ほんとうは ほんとうには おわらないことを

ぼくらは ほんとうには おわれないことを

あきの そらに どーんとあがるはなびが

あぶらえでえがいたように そこにとどまりつづけたら
きっとだれも だれしも  いつしか それをわすれてしまうように

ぼくは その いま という ハカナサ を
おそれながら はげしく あこがれているのだ

ちるはなの さきほこる いまを 
ぼくは ただ きれい きれいだ と 

こころふるわせていたいのだ

はげしく そして しずやかに

ぼくのダイアモンド

ぼくのダイアモンド

だらだらと たれながす 
くりかえす おうとのみそぎ
そのなかに ひとつ ひかりをみつけた

いつか だれかが 
きまぐれの おなさけで
ぼうしに なげこんだ ダイアモンド

わけも わからず
それは ぼくのだ ぼくのだーーーと

あわてて そこに あった 
ヒリヒリする ウォットカで
のどの おくふかくに 
ながしこんだ あの ダイアモンド

あれは いつだったか 
もうすっかり わすれていたけれど

さむかった
めちゃくちゃさむかった
あのときの きもちが
いま はっきり よみがえる 

ぼくの ダイアモンド
ぼくの おくに ずっとあった 
ぼくの ダイアモンド

いまごろ ぼくの なかから とびだしてくるなんて

ひびの くらしが そのかがやきの となりを
どれほど とおりすぎて きたのだろう

たらふくに みたされた あとにかならずやってくる
くうふくの かつぼうに みがかれ かがやきをまして

これを だれに あげようか

さて これを だれに はめようか

きれいだ きれいだ きれいなんだよ

きれいだ きれいだ きれいなんだよ

月のはざまに

つきに おどらされ
なみに のみこまれ
はなに みりょうされ
ここに なみだする

つきに みちびかれ
みちに まよわされ
ゆめに みやぶられ
こいに こだまする


こいする こころが 
しめつける むねの
ぎゅっとする おくに ぼくをひきよせる

きみに とどくかな
こんなまっしろな
まっしろな よるのそらに

きみに うつるかな
なみに ゆらゆらと うく かもめのように
ぼくは きみに ゆらゆらと ゆられて いたいのだ


つきに みやぶられ
きみに こいをした
ぼくの とまどいが
よるの おくで ゆらめいて

つきの あかるさに
てらされた きみの ほほをつたう なみだが
どうにも ならない ぼくらの ゆくさき を
ひとつ ふたつ と さびしげに てらしていくのだ


いきつけるさきは なくとも
いま ゆらゆらと ゆらめく たましいに うつる
まっすぐな しろさは うたがうな

うたがうな


つきに おどらされ
なみに のみこまれ
はなに みりょうされ
ぼくは こいをする

つきに みちびかれ
みちに まよわされ
ゆめに みやぶられ
きみと こだまする


つみ と けがれの そらに とび

つきの はざまに 
ゆらめく くもに のっかって

そっと めを とじるだ

てらされる つきに いだかれて

ふたり めを とじるのだ


つきときみのそばに

あたしとしたことが
わかったようなかおをしながら
どこにいるのか はたしているのかどうかすら わからないものと
めんとむかってたいじして ぎゅっとするのか はっとするのか

とうぜんのことながら とうぜんのけつまつとして
なにをいきまいて そんなところでうろうろしてるんでしょうか
あなたのことを すてきね なんておもってほしいのでしょうけど
そんなかんたんに あなたのてのひらで くるくるくるくるまわったりなんか しませんよと

きがむいたらね
という ほんのちいさな つぶやきに 
どこかで きずついて うじうじしている ぼくにきづくのだ

なにがつきうごかすのか
なぜそんなにまでするのか
きのうえにのぼって のんびりとおくにひろがる まったいらなへいげんでも
めがとうめいになるほど みつめていたりしていたいのに
じべたにのめりこむほど あしをふんばって どろどろのくつがきもちわるいから
はだしで つちにうずもれて ふかふかにあったかつめたいここちをかんじるのだ

ここまでよんで またかいて なんだこの
なんだこの もじのられつは
なんだこの なんだこの わからん わからんよ まったく わからんよと
のたまう あなたが なんとも いえず いとおしいのかもしれない

つきのそばに いちばんちかづいた かせいを ぼくにみたてて
かぎりなく つきの そして きみの そばによりたい そう よりたいのだ

だから きのう さきにいったきみを そっとぎゅっとしたのだ

そっと ぎゅっと したのだ